敏感肌な方のメイク落としはどうすればお肌の負担が減るのか?

敏感肌な方でも、お仕事をされている方は毎日メイクをしているかと思います。
健康なお肌な方はあまり深く意識していませんが、
敏感肌な方はメイク落としを使用するだけでもお肌がかぶれてしまったり、
赤くなってしまったりと様々な問題が出ます。

例えば、目の周りの皮膚がかぶれてしまい、
痛みが出ると結膜炎のように涙が止まらなくなる、
といった方もたくさんいるんです。

涙が出てしまうということは、
ウォータープルーフなどの化粧品などを使用しないことには
化粧がすぐに落ちてしまい大変…

実際に、敏感肌なのにウォータープルーフなどの
化粧品を使用している方もたくさんいます。
ウォータープルーフの化粧品を使用するということは、
オイル系のメイク落としじゃないと中々取れないイメージがありますよね。

オイル系のメイク落としの中には、
手が水に濡れていても使用できるものもあれば、
水に濡れると使用できないものもあります。

1番使用しやすく、簡単に落ちるものといえば、
水に濡れても使用できるオイル系のメイク落としですが
あまりおすすめはしません…

オイル系のメイク落としは、お肌への負担も強く、
乾燥やお肌の問題が起きやすいんです。

ウォータープルーフの化粧品を使用しなければ、
わざわざオイル系のメイク落としを使用することはありません。
確かにオイル系のメイク落としはメイクが良く落ちますが、
メイクを落とす際はゴシゴシとメイク部分をこすってしまいます。

お肌をこすることで、お肌が傷付いてしまったり、
必要な角質までも落としてしまう可能性が高くなってしまいます。

そうならない為にも、ウォータープルーフの化粧品を使用しないことが1番なのですが
人それぞれ好みもあるので、無理にウォータープルーフの化粧品を辞めろとは言いません。

止めてめて欲しいのはオイル系のメイク落とし!

オイル系のメイク落とし以外にも、
肌に優しくメイクを落とせるものもあります。

私がおすすめするのは「乳液」です。

案外、乳液でメイクを落とせることも多いんです。
高い乳液を用意する必要はありません。
使わなくなった乳液があれば良いですが、無い場合は安い乳液を購入してください。

たっぷりの乳液で、メイクの上から優しく撫でるように
マッサージをして、ティッシュオフをしてみてください。

ウォータープルーフのマスカラやライナーを使用している場合は、
綺麗に取れない場合もあるのでポイントメイクオフを使用すれば大丈夫です!

ポイントメイクオフも、各メーカーから様々な種類が出ているので、
お肌に優しいものを使用するように注意してください。

要は、敏感肌な方はお肌を刺激しないような方法で、メイクを落とせば良いんです♪

難しく感じるかもしれませんが、
お肌に負担の少ないメイク落としや、
ゴシゴシこすらずに落とせるメイク落としはたくさんあります。
例えば、メイク部分に数秒乗せて洗い流すだけのメイク落としなど。

その中で、自分が良いと思うメイク落としがあればまずは使ってみましょう!
お肌に合わないと感じた場合は、すぐに辞めるようにしてくださいね。