敏感肌な方は、敏感肌用化粧品を使った方が良い?

敏感肌な方は、一般的な化粧品よりも、敏感肌用化粧品にした方が良いと言われています。
どうして、敏感肌用化粧品が良いのかというのは、みなさん大体は分かっているかと思いますが
念のため、敏感肌の原因をお話したいと思います。

敏感肌になってしまう主な原因としては、

  • お肌のバリア機能が低下している
  • 必要な角質がなくなっている
  • アレルギーを持っている
  • アトピー性皮膚炎を持っている

などが、敏感肌の原因になります。
特に注目して欲しいのは、お肌のバリア機能について。
お肌の表面を守るバリア機能が低下してしまうと、
紫外線やホコリ・花粉などの外部からの刺激を
お肌が直で受けてしまいます…

普通の健康なお肌な方は、バリア機能も低下しておらず、
しっかりと働いてくれているので、わざわざ敏感肌用化粧品を使わなくとも、
問題なく使うことができるんです。

つまり、お肌のバリア機能が低下しているのであれば、
刺激を受けても大丈夫なお肌にしなければいけません。

しかし、簡単に刺激を受けても大丈夫なお肌にしようといっても、
そう簡単には解決することができません…

敏感肌な方が無理をして一般的に使われている化粧品を使うと、
お肌に様々なトラブルが発生します。

例えば、

  • お肌が赤くなってしまう
  • スキンケア後にピリピリする
  • ぶつぶつが出来てしまう
  • かぶれてしまう

などなど。
敏感肌というぐらいですから、お肌は常にどんなものにも敏感に反応します。
お肌のトラブルがずっと続いてしまうと、敏感肌の状態はますますひどくなってしまい、
最悪な場合は皮膚科に行かないと治せないレベルになってしまうこともあるんです。
そうならないためにも、敏感肌な方は敏感肌用化粧品を使うようにしましょう!

敏感肌用化粧品には、一般の化粧品に比べ刺激が強いものは含まれていません。
敏感肌用化粧品によっても、全ての効能や成分が同じな訳ではありません。

バリア機能の働きを高めてくれる敏感肌用化粧品もあれば、刺激は少ないですが、
保湿能力があまりない敏感肌用化粧品もあるんです。

敏感肌な方は、お肌の乾燥も引き起こしている場合が多いのですが、あなたはどうですか?

敏感肌な方の中には敏感肌と乾燥肌の両方が起きている「混合肌」があります。
敏感肌と乾燥肌の関係性は密接に関わり合っています。

敏感肌を治すことで、乾燥肌も同時にケアをすることができるので、
敏感肌用化粧品を選ぶ際はもちろん刺激も少なく、
お肌のバリア機能の働きを上げてくれる成分が多いものを選ぶのが良いですが
保湿力も高い化粧品を選ぶ必要があります。

いくら刺激が少なく、お肌のバリア機能を上げてくれる成分が含まれていても、
お肌を保湿できなければ敏感肌と乾燥肌を治すには時間も手間もかかります。

敏感肌用化粧品を選ぶ際は、乾燥肌のことも頭に入れて化粧品を選ぶことをおすすめします!
毎日しっかりと、敏感肌用化粧品でケアをすれば必ず綺麗なお肌になることができるので頑張ってください。