肌がカサカサしてしまう原因はたくさんあります!1つでも改善しましょう

肌がカサカサしてしまうと、
まずは化粧水や乳液などで保湿を頑張りますよね?
しかし、化粧水や乳液で保湿を頑張っても、
肌がカサカサという症状が全く改善されない場合があるんです。

肌がカサカサということは、
「乾燥肌」になっているということなのですが、
思い当たるものはありますか?

  • 洗顔のし過ぎ
  • 暖房・冷房に当たり過ぎ
  • 偏った食生活
  • 睡眠不足
  • ストレス

など。
1つでも思い当たるものがある場合は、改善しましょう!
上から順に、どうして肌がカサカサな乾燥肌に
なってしまったのか?をお話したいと思います。

洗顔のし過ぎ

洗顔をし過ぎてしまうと、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
洗顔は最低でも1日に2回だけにしなければいけません。
もしも、朝と夜どちらも洗顔料を使用した洗顔を行っている場合は、
洗顔料を使用するのはどちらか1回だけにしましょう。
また、洗顔の際に泡立てることなく、
洗顔料をお肌にこすり付けてゴシゴシ洗っていませんか?

お肌をゴシゴシ洗ってしまうと、水分を保持してくれる
セラミドまで壊してしまい洗い流してしまいます。
そうなると、必然的に乾燥肌になってしまいます。

暖房・冷房の当たり過ぎ

暖房や冷房の当たり過ぎは、みなさんの想像通りお肌を乾燥させてしまいます。
事務仕事をしている方は、夏場や冬場は要注意です!
オイルやクリームを持ち歩き、肌がカサカサしてきたと感じたら、塗るようにしましょう。

偏った食生活

健康なお肌に大切な栄養は
「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン」「必須脂肪酸」なんです。
偏った食生活を毎日送っていては、乾燥肌になるのも当然。
食生活を見直して改善してください。

睡眠不足

睡眠不足になると、お肌が荒れるというのは有名な話。
しかし、これは本当なんです。睡眠不足になるとホルモンの分泌量が減ってしまいます。
健康なお肌の為に、ホルモンの分泌は大切なので、しっかりと睡眠時間を取りましょう。

ストレス

ストレスが溜まることでも、ホルモンのバランスが崩れてしまい、
お肌の状態が悪くなってしまいます。肌がカサカサするのはもちろん、
ニキビが出来てしまったりとトラブルが勃発してしまいます。
ストレス発散方法を探して、ストレスを溜めないようにしてください。

以上、肌がカサカサになる原因を簡潔に5つ紹介しました。
肌がカサカサしていると、化粧ノリも悪くなってしまったりと、
女性からすると凄く辛い…

そうならない為にも全てを改善できるのが1番良い方法ですが、
全部を改善するのは中々難しいと思います。ですが、
1つでも2つでも改善できれば、肌がカサカサしてしまう
乾燥肌の状態は少しずつ良くなっていきます。

絶対にしないと!と思うと、
返ってストレスになる場合もあるので、
まずは1つずつ頑張って改善してみてください。

どんなに頑張っても、肌がカサカサするのが改善できない場合は
1度皮膚科で相談することをおすすめします。
皮膚科なら、もっとたくさんの改善方法を教えてくれると思いますよ。